商品ウォッチ巡回設定ついて説明します

モノサーチ PROの機能です

 

 

商品ウォッチ巡回設定の目的

『商品ウォッチページ』に登録した商品のアマゾン価格と色々なサイトの価格を比較して、利益が出る商品だけを通知するため、ウェブサイトの巡回する設定を行います

この設定をすることによって、はじめて商品ウォッチに登録した商品がリサーチ開始されます

商品ウォッチページ

 

 

商品ウォッチ巡回設定のメリット

商品数 * サイト数 * 一定間隔を自動でリサーチしてくれるで、余った時間を別のことに回すことができます

 

  • ショッピングモールフリマサイトオークションサイト
  • 自分だけが知っているお得なサイト
  • 国内のサイト海外のサイト

設定は自由自在です

ブラウザを起動している間、自分のスタイルにあったサイトを自動で巡回してくれます

 

他のツールとはことなり、どのサイトを巡回するか?どのようなキーワードで検索するか?を自分で自由に決定できます

存在するサイトの数だけバリエーションがありますので、

  • 得意なカテゴリー
  • 新品・中古
  • 高回転ロングテール

色々なニーズに対応できて、なおかつユーザー毎にことなる設定が可能であることから、ライバルの心配も少なめです

 

  • 新品出品者なしの時
  • カート価格より安い時
  • 予約可能時

など、通知の条件を増やして、ユーザーの数だけあるスタイルの違いに合わせられるように、調整しました

 

 

 

さらに個別の商品ごとに、どのサイトで検索するか?価格はいくらか?を設定する必要はありません

一度サイト毎の設定をした場合は、商品をポチっと登録するだけです

あとは自動で巡回されます

 

 

商品ウォッチ巡回設定の流れ

商品ウォッチへの商品の登録

まずはモノサーチで、『商品ウォッチページ』を開きます

(『商品ウォッチページ』を閉じる場合は、いつでも枠の外をクリックしてください。ESCキーでもでも閉じられます)

 

 

巡回するためには、商品の登録が必要です

 

 

もしまだ商品が登録されていない場合は、『商品ウォッチページ』にお好きな商品を登録してください

商品ウォッチページ

 

商品ウォッチページへの商品の登録は、色々なウェブサイト上にある、『☆ マーク』をクリックすることで行えます

(たとえば、こういうページで登録できます ⇒ アマゾンの商品ページ )

 

 

色々なカテゴリーの商品を、5個程度登録しておいたほうが、最初の設定がスムーズに行くことが多いです

アマゾンの検索ページで、5個程度『☆ マーク』をクリックしておいてください

 

 

これで商品の準備は完了です

 

 

商品ウォッチ巡回サンプル

次は『商品ウォッチ巡回設定』です

 

もし『商品ウォッチページ』を閉じてる場合は、再度開いてみてください

 

 

『商品ウォッチページ』の右上に表示される『商品ウォッチ巡回設定』を、クリックします

 

 

『商品ウォッチ巡回設定』が新しいタブで開きます

 

 

設定画面下部の商品ウォッチ巡回サンプルから、リサーチしたいサイトをクリックしてください

 

 

設定画面上部にクリックしたサイトの、サイト毎の設定が表示されます

 

 

設定のガイド

商品ウォッチ巡回設定は、赤い文字で次に行う設定を表示して、

流れをわかりやすくガイドするようにしています

 

 

まずは赤い文字のガイドにしたがって、設定するようにしてください

簡単に設定できます

 

 

通知条件設定

それでは次に『通知条件設定』の説明をします

 

赤い文字のガイドにしたがって、『通知条件』ボタンをクリックしてください

 

 

通知条件設定は、以下の別ページに書いてあります

まずはリンク先のページで、はじめの方にある効率的に通知するコツ → 初心者向けの設定価格比較をやってみましょう

商品ウォッチ巡回設定(通知条件設定)

 

通知条件設定が終わったらサイト毎の設定は、完了です

それでは新しい体験をお楽しみください!

 

 

簡易ヘルプ

商品ウォッチ巡回設定の見出しの部分に、『簡易ヘルプアイコン』を表示しています

簡単な説明をしていますので、そちらの方もご参照ください

 

 

 

通知

通知に関する設定は、『商品ウォッチ巡回設定』の左上にあります

 

 

デスクトップ通知

条件に合った商品をデスクトップ通知する場合は、デスクトップ通知にチェックを入れてください

(パソコン画面の右下に小さいポップアップで、通知されます)

 

 

メール通知

A. 条件に合った商品をメール通知する場合は、

  1. メール通知にチェックを入れたあと
  2. メールアドレスを入力して
  3. メール送信テストをクリックしてください

 

 

入力したメールアドレスにテストメールが届いたら、メール通知の設定完了です

 

 

履歴ページによる通知

条件にあった商品は、上記の他に履歴ページからも確認できます

(はじめて設定する場合は、一度サイト設定を行ったあとで、表示できるようになります)

 

 

パソコン作業をしながら起動・チェックする場合は、こちらからのほうがスムーズかもしれません

 

 

再度の通知

一度通知された商品は、次に変化が起きて条件を満たすまで、再度の通知が行われません

通知の初期化をしたい場合は履歴ページの、『通知・履歴の初期化』をクリックしてください

 

 

 

効率的に巡回するコツ

 

商品ウォッチ巡回設定は自由にカスタマイズできますが、効率的に巡回しようとした場合、いくつか抑えておくと便利なコツがあります

ここでは抑えておくと便利なポイントについて説明します

 

効果的な通知は、巡回用URLのカスタマイズが必要になります

簡単に設定可能です。ぜひ一度URLの設定方法を、お試しください

検索・巡回用URLの設定

 

設定方法を知っておくと、あとあとの時間効率がグンと良くなるはずです!

 

『在庫あり』で絞り込む

ウェブサイトの中には、在庫がある商品・ない商品を同時に表示するものがあります

在庫なしの商品は仕入れ対象になりませんので、もしURLで絞り込めるのでれば『在庫あり』のみに絞り込みましょう

 

『安い順』に並び替える

同じ商品に複数の出品者がいるショッピングモールフリマサイトオークションサイトの場合、安い順に並び替えることで最安値の商品と比較することができます。可能な限りURLで『安い順』にしましょう

 

 

一方ショッピングモール・フリマサイト・オークションサイト以外の場合では、そのままの並び替えを使うことで、よりキーワードにマッチした精度が高い商品が、先頭にくることがあります

 

『新品・中古』のいずれかを選択する

コンディションのいずれかを狙うのであれば、『新品・中古』を指定しましょう

設定がシンプルでわかり易くなります

 

『除外キーワード』を利用する

たとえばショッピングモールの中には、「『在庫なし』なのに、いつも『在庫あり』として出品してる出品者」がいたりすることがあります

もし除外キーワードで出品者を除外できる場合は、その出品者を除外してみましょう

 

オススメの通知条件設定を使ってみる

ほとんどのユーザーにオススメできる『価格比較』『在庫確認』『価格比較 + 在庫確認』の3つの設定を中心に、わかりやすく書いてみました

商品ウォッチ巡回設定(通知条件設定)

 

便利な比較設定の記号を使ってみる

コツをつかむと威力が大きい、いくつかの比較設定の記号について、こちらにまとめてみました

商品ウォッチ巡回設定(比較設定)

 

とりあえず一巡させてみる

一度通知された商品は、次に変化が起きて条件を満たすまで、再度の通知が行われません

少々荒い設定でも一巡させたあとは、変化が起きた場所をピンポイントで通知することができます

とりあえず一巡させてみるのも手でしょう!

 

 

少し詳しい各パラメータの説明

ここからは、より深くカスタマイズしたい方・わからない設定がある方向けに、少し詳しい説明をします

 

ウォッチの開始設定

個別の設定のスタートとストップを行えます

 

サイト名の設定

サイト名を記入します。サイト名とありますが、説明やメモ等ご自由にご活用ください

 

 

巡回用URLの設定

巡回用URLを記入します

 

 

巡回用URLの設定は、リンクボタン設定と同じものです

こちらのページにわかりやすく記載しました

検索・巡回用URLの設定

 

一度設定してみると、意外と簡単です

設定方法を知っておくと、あとあとの時間効率がグンと良くなるはずです!

 

キーワードタイプの設定

キーワードタイプを優先順に選択します

 

 

ウェブサイトをこのキーワードタイプで検索することになります

キーワードタイプ titleを選択したら

商品ウォッチに登録してある商品のタイトルでヤフオクを検索

 

といった感じです

(巡回用URLの%pの部分が、キーワードタイプにしたがってさまざまな入力に変換されます)

 

このページで使えるキーワードタイプは4つです

  1. asin:アマゾンの商品コード(B01NCXFWIZ、4480035672などの10桁の英数字)
  2. ean:JAN等のバーコードの数値(4902370535716などの13桁の数字、本の裏のバーコード下にある数字など)
  3. title:商品のタイトル
  4. model:商品の型番(WPZL30084などの英数字、CDの背に表示されていたりする文字列など)

 

キーワードタイプは、選択した順に優先的に使用されます

キーワードタイプをean, titleの順に選択し場合

  1. EANがある場合にはEANでヤフオクを検索
  2. EANがない場合にはじめて、タイトルでヤフオクを検索

といった感じです

商品のEAN(JAN)・タイトルの両方がわからない場合には、その商品はスキップされます

 

 

カテゴリーの設定

カテゴリーを選択します(複数可)

 

 

ウェブサイトをこのカテゴリーの商品で検索することになります

カテゴリー DVDミュージックを選択したら

商品ウォッチに登録してある商品の中でDVD・ミュージックの商品のみヤフオクを検索

 

といった感じです

他のカテゴリーの場合には、その商品はスキップされます

 

ホビー専用のストアでペット商品を検索しても時間のムダなことが多いです

効率的なリサーチに、ぜひカテゴリー指定を活用しましょう!

 

 



モノサーチ PRO
10年近いデータ運用のノウハウ、『AIによる機能を搭載』しているのはモノサーチだけ!