効果大!文字列を使った商品ウォッチ比較条件の設定

この記事では、商品ウォッチ巡回設定の「文字列を使った比較条件」の設定方法について詳しく説明します。

モノボ
比較設定には色々な方法がありますが、コツを掴むと威力が大きい、文字列を使った方法をご紹介します!

商品ウォッチ巡回設定を初めて使う方は「【基本】商品巡回ページの使い方」の記事で基本的な使い方をご紹介しています。

【基本】商品巡回ページの使い方

モノサーチPROの「商品ウォッチ巡回」設定のページについて説明します。   商品ウォッチ巡回設定の目的 「商品ウォッチ巡回設定」は、amazonと他のショッピングサイトを自動で比較する機能で ...

続きを見る

この機能はPRO版限定の機能です。PRO版のダウンロードはコチラ(14日間の無料体験が出来ます)

 

コツを掴むと効果大!文字を使った比較設定

「商品巡回設定」画面の比較する条件の指定方法には色々あります。

今回は「文字列」と「比較記号」を使った便利な条件指定をご紹介します。

「商品巡回設定」画面は、モノサーチのドックの

「商品WATCH」>「商品ウォッチ巡回設定」>設定したいサイトの「通知条件」

より表示することが出来ます。

 

「=」と「文字列」を組み合わせた条件

比較条件に「=」と「文字列」すると

「指定した位置の文字」と「キーワード」が同じという条件になります。

シンプルな記号ですが、選択する位置によって便利な使い方が出来ます。

使い方の例)在庫がある商品を通知する

便利な使い方の例として「在庫がある商品だけを通知したい」ケースを紹介します。

在庫が復活した場合」や「予約可能な商品が見つかった場合」に通知したい場合などにも便利です。

例として、商品の検索結果が以下だったとします。

まずは検索結果の表示で「在庫があるかどうか」を表している位置を指定します。

在庫状況を表す言葉や位置は、サイトによって異なります。

今回のサイト例では、どの位置を選ぶのが適切か見ていきましょう。

 

今回の例では「在庫状況を表すキーワード」が表示されている位置で、条件を指定することもできます。

しかし「在庫あり」「初回仕様取扱中」「24時間以内に発送」…など、表現がバラバラだと、キーワードが指定しにくいです。

 

そこで、今回のような表示例では「カートに入れる」ボタンを位置情報として指定すると、簡単に設定できます

ほとんどのサイトでは「カートに入れる」ことが出来る商品は、購入できる(=在庫がある)という前提の商品です。

例外として「お取り寄せ」などの、購入可能かどうかが不明な商品もカートに入れることが出来るサイトもあります。

 

巡回設定画面の「位置を選択する」をクリックします。

検索結果の一番左上に表示された「カートに入れる」ボタンの上でクリックします。

すると、位置情報が指定されます。

実際の「カートに入れる」の文字や位置は、サイトによって異なります。使用するサイトに合わせて設定してください。

 

次に条件設定として「=」「文字列」「キーワード」を指定すると、設定完了です。

 

「≧」と「文字列」を組み合わせた条件

「≧(大なりイコール)」の記号は、文字列と組み合わせると

「指定した位置の文字」が「キーワード」を含むという条件になります。

使い方の例)出荷の文字を含む場合に通知する

例として、商品の検索結果が以下だったとします。

在庫状況を表す文字が、バラバラです。

出荷できます」「入荷待ち」「24時間以内に出荷」「売り切れました」「2~4日以内に出荷

しかし「出荷」という文字が含まれる状況は、在庫があることが分かります。

そこで、比較条件に「≧」「文字列」「出荷」と設定することで、指定した位置の文字が「出荷」というキーワードを含むという条件を指定することが出来ます。

「≦」と「文字列」を組み合わせた条件

「≦(小なりイコール)」の記号は、文字列と組み合わせると

「指定した位置の文字」が「キーワード」に含まれるという条件になります。

使い方の例)発送が早い出荷のみ通知する

例として、商品の検索結果が以下だったとします。

在庫状況を表す文字が、バラバラです。

「1~2日以内に出荷」「2~4日以内に出荷」「5~10日以内に出荷」「1週間以内に出荷」「売り切れました」

このような場合、出荷に時間がかかる商品は、自分が予定している発送に間に合わない場合があります。

そこで「1~2日以内に出荷」「2~4日以内に出荷」のみ通知したい場合の設定です。

その場合、比較条件に「≦」「文字列」「1~2日以内に出荷,2~4日以内に出荷」と設定します。

キーワードに指定した「1~2日以内に出荷」「2~4日以内に出荷」が含まれる場合に通知してくれます。

キーワード指定する場合の「,(カンマ)」の記号は、区切りを見やすくするために入れているだけです。入れなくても、他の記号でも問題ありません。

モノボ
比較条件を使いこなすと、自分の求める結果を効率的に見つけることが出来ます!ぜひ使ってみてください。

良く読まれる人気記事

1

モノサーチ PROのリリース後、沢山のユーザーの方にご利用頂き有難うございます。 この記事では、モノサーチ開発者の私が実際に行っている「モノサーチを使った芋づる式リサーチ方法と、店頭で仕入れて売るまで ...

2

「類似出品者」ページでは、出品者の類似出品者(出品傾向が似ている、他の出品者)をAIを利用して検索、表示する機能です。 出品傾向が似ている出品者は、似ている場所で仕入れていることも多いため、仕入れ先や ...

3

画面に表示した商品を出品している人が「他にどんな商品を出品しているか」を表示してくれる機能です。 自分が出品している商品と似たジャンルのライバルたちが、どんな商品を出品しているかをチェックするだけでも ...

4

モノサーチをご利用いただき、ありがとうございます。 この記事では「初めてモノサーチを使う方」向けに、基本機能をご紹介します。 モノサーチには「無料の通常版」と「せどり・転売に特化した有料のPRO版」が ...

5

モノサーチPRO、人気の機能「商品ウォッチ」の基本的な使い方を説明します。 モノボ普段モノサーチ通常版を使っている方で、PRO版に興味がある方も参考にしてください!   この機能はPRO版限 ...

更新日:

Copyright© モノサーチの使い方【公式サポートブログ】 , 2019 All Rights Reserved.