【基本】商品巡回ページの使い方

モノサーチPROの、商品ウォッチ巡回設定のページについて説明します。

 

商品ウォッチ巡回設定の目的

「商品ウォッチ巡回設定」は、amazonと他のショッピングサイトを自動で比較する機能です。

「amazonよりも〇割安い商品を探して、見つかったら教えてくれる」

など、利益が出る商品を探して教えてくれます

商品ウォッチページに追加した商品が、自動で比較されるので、商品リサーチにかかっていた時間を大幅に短縮し、効率的に稼ぐことが出来ます。

ほとんどのショッピングサイトが登録可能

登録出来るショッピングサイトは、Yahooショッピングやメルカリなどの大手だけではありません。

フリマサイト・オークションサイト、自分だけが知っているお得なサイトなど、自由自在です。

登録できるショッピングサイト

  • ショッピングモール・フリマサイト・オークションサイト
  • 自分だけが知っているお得なサイト
  • 国内のサイト・海外のサイト

 

商品ウォッチ巡回設定の流れ

「商品ウォッチ巡回」の設定手順を紹介します。

商品ウォッチページ登録された商品の確認

まずは、モノサーチのドックから「商品ウォッチ」ボタンをクリックし、「商品ウォッチページ」を開きます。

 

商品ウォッチページに、商品が登録されていることを確認します。

商品を巡回するためには、事前にリサーチしたい商品の登録が必要です。

 

商品ウォッチページに商品を登録する方法は、「商品ウォッチページの使い方」の記事で詳しく紹介しています。

【基本】商品ウォッチページの使い方

  モノサーチPRO、人気の機能「商品ウォッチ」の基本的な使い方を説明します。 商品ウォッチ機能で出来ること モノサーチの「商品ウォッチ」は、アマゾンの商品価格と他のオンラインショッピングサ ...

続きを見る

初めて巡回設定をする場合、色々なカテゴリーの商品を「5個程度」登録しておくと、最初の設定がスムーズに進みます。

 

巡回したいショッピングサイトを登録する

①商品ウォッチ巡回設定の画面を開く

「商品ウォッチページ」の上に表示される「商品ウォッチ巡回設定」ボタンをクリックします。

 

「商品ウォッチ巡回設定」の画面が、別画面で開きます。

 

②巡回したいショッピングサイトを登録する

「商品ウォッチ巡回設定」の下には、良く使用されるショッピングサイトが予め登録されています。

リサーチしたいショッピングサイトをクリックします。

ここでは、ヤフーショッピングを例に紹介します。

メッセージを確認し「OK」をクリックします。

選択したサイトの、設定画面が追加されます。

ポイント!

「商品ウォッチ巡回設定」は、次に行う操作が赤い色で表示されますので、わかりやすく進めていくことが出来ます。

 

比較の条件と、通知の設定する

「商品ウォッチページ」に登録された商品を、amazon価格とショッピングサイト価格を比較して、利益の出る商品を通知することができます。

ここでは、一番基本的な「価格で比較」する方法を紹介します。

①通知条件の設定ページを開く

「通知条件」ボタンをクリックします。

選択したショッピングサイトに切り替わると同時に、画面下に「通知条件設定」画面が表示されます。

 

②設定のための商品一覧を確認する

アマゾンの価格サイト上の価格を比較する、一番シンプルで有効な設定を説明します。

画面の上部に、商品の一覧が表示されていることを確認します。

表示されている商品は、通知の「設定をするためだけの」ものなので、基本的には最初に表示された商品で大丈夫です。

実際の価格比較は、商品ウォッチページに追加した全商品が対象となります。

もし、表示されている商品が不都合な場合(価格が表示されない・商品が無いなど)は、「別の商品ページを検索」より変更ができます。

商品の表示を変更する場合も「通知の設定をするためだけの」商品なので、商品ウォッチページに登録していない商品でも大丈夫です。

 

③条件に取り込む「位置の選択」をする

「価格」で比較するために、商品一覧ページから「価格」が掲載された位置を指定します。

「位置を選択する」ボタンをクリックし、商品一覧の一番左上の商品の「価格」が書かれた部分をクリックします。

 

④条件を入力する

amazonの価格と比較して「いくらで販売されていたら買い!」かを、好みの条件で設定することが出来ます。

今回は

「amazonの新品価格×0.6」の値段で販売されていたら「買い!」

と判断し、見つかったら通知するよう設定します。

「amazonの新品価格×0.6」の値段で販売されていたら「買い!」と判断する場合、

①記号「」・②条件対象「新品価格」・③値「0.6

を、それぞれ指定します。

●記号の意味
以下
以上
<より小さい
>より大きい

これで、「amazonの新品価格×0.6」より、「検索結果の一番左上の商品の価格が安い」場合、通知されます。

商品ウォッチに登録している、全商品に対して動的にチェックします。商品一つ一つを設定する必要はありません。

 

⑤巡回を開始する

「商品ウォッチ設定へ戻る」ボタンをクリックします。

一覧の左のチェックボックスをクリックし、チェックを入れます。

これで、商品ウォッチページに登録された全商品の比較が開始され、後は通知を待つだけです。

一度登録しておけば全自動になるので、商品リサーチにかける時間の圧倒的効率化が実現できます!

通知方法は、初期設定ではデスクトップにメッセージが表示されます。次に、通知方法の変更を紹介します。

 

通知方法を変更する

通知に関する設定は、「商品ウォッチ巡回設定」の左上にあります。

通常は「デスクトップ通知」のみ「オン」となっています。

デスクトップ通知は、パソコン画面の右下に、小さいポップアップメッセージが表示されるタイプです。

メール通知を設定する

商品のサーチ結果を、メールで受け取ることもできます。

「メール通知にチェック」>「メールアドレスを入力」で設定が出来ます。

「メール送信テスト」ボタンをクリックすると、以下のようなテストメールが届くので到着確認をしておきましょう。

モノサーチからのメールが、迷惑メールフォルダに入る場合があります。その場合は、「@mmsearch.com」からのメールが届くよう、設定をお願いします。

 

履歴ページによる通知

条件にあった商品は、上記の他に履歴ページからも確認できます。

(はじめて設定する場合は、一度巡回を行った後、表示できるようになります)

巡回結果をまとめてみたい場合は「履歴」ボタンをクリックします。

巡回結果の一覧が表示されます。

まとめてチェックする場合は、こちらからのほうがスムーズかもしれません。

 

再度の通知

一度通知された商品は、次に変化が起きて条件を満たすまで、再度の通知が行われません。

通知の初期化をしたい場合は履歴ページの、『通知・履歴の初期化』をクリックしてください

 

ここまで設定をしておけば、後はモノサーチが自動で24時間・価格比較をしてくれます。

いろんなショッピングサイト・商品を登録して、どんどん活用してください!

 

更新日:

Copyright© モノサーチの使い方【公式サポートブログ】 , 2019 All Rights Reserved.